代表挨拶

代表取締役 相馬崇宏

『一つの部屋から世界へ』

代表取締役:相馬崇宏

 2011年に会社を設立し、初めは規模の小さい商売をやっておりました。それこそ私と、家族に梱包を手伝ってもらうほどの小さなものです。それが段々と軌道に乗っ て行き、人が集まり、部屋を出てオフィスビルに事務所を構え、時には部下を海外へ引き連れ外国の商社と取引をするまでに成長しました。あの頃の私からしたら本当に想像し得ない事です。

現在、そうまファクトリーでは、一つの枠にとらわれずに幅広い事業の展開に挑戦しております。 当然その挑戦への代価としてリスクは存在し、会社を先頭で背負う私自身、不安を抱えない日はありません。しかし会社が 成長するにつれ、次第に私の挑戦する事に対する考え方も変化していきました。 ”まずは行動を起こしてみよう。なにか起きたらそれはその時に考えよう”。
楽観的だと思われるかも知れませんが、この考え方が私にとっての"今"を作り上げてくれたのです。

現在はあの頃のように部屋に一人じゃなく、私を支えてくれる社員や同志が側にいてくれます。人と人とのつながりが気薄になった現代こそ、自分と繋がった人々を大切にしたい。と、そう思うのです。それは私の周りだけでなく、私達の作った商品がお客様のもとへと届くことによって、また新たな繋がりが生まれるのです。
我が社では、取り扱っている製品の多くが健康食品・フィットネス製品・アウトドア製品などの、”お客様のライフスタイルをサポートする”製品です。お客様に「またここで買いたい」と思っていただけるよう、信用・信頼、お客様の満足を第一に
サービス、製品、価格に力を入れてお客様一人ひとりを大切にして参りたいと思います。